コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

衝突数の仮定 しょうとつすうのかてい assumption of collision frequency

1件 の用語解説(衝突数の仮定の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

衝突数の仮定
しょうとつすうのかてい
assumption of collision frequency

気体分子の運動は古典力学的に扱えば必ず可逆変化をするはずであるが,密度の違う気体を混合すると一様な気体となって,再び密度の違う初めの状態には戻らない。これは非可逆的である。このような過程を説明するために L.ボルツマンは,微小時間内に起る衝突回数は衝突相手の分子数と散乱されるはずの分子数の積で与えられると仮定した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

衝突数の仮定の関連キーワード気体分子運動論古典力学ニュートンの運動の法則ボルツマン方程式マクスウェル分布ランダウ準位古典統計力学ランダム運動因果律(古典力学)マスロフの定理

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone