コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

衝突数の仮定 しょうとつすうのかていassumption of collision frequency

1件 の用語解説(衝突数の仮定の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

衝突数の仮定
しょうとつすうのかてい
assumption of collision frequency

気体分子の運動は古典力学的に扱えば必ず可逆変化をするはずであるが,密度の違う気体を混合すると一様な気体となって,再び密度の違う初めの状態には戻らない。これは非可逆的である。このような過程を説明するために L.ボルツマンは,微小時間内に起る衝突回数は衝突相手の分子数と散乱されるはずの分子数の積で与えられると仮定した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone