コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

衣笠宗兵衛 きぬがさ そうべえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

衣笠宗兵衛 きぬがさ-そうべえ

?-? 江戸時代後期の陶工。
播磨(はりま)明石(あかし)郡山田村(神戸市)の人。寛政(1789-1801)のころ,同地の土で陶器をつくり,舞子(まいこ)の浜で売った。舞子焼とよばれ,京都の粟田(あわた)焼に似る。子百太郎の代でとだえ,天保(てんぽう)年間に高田槌之助(つちのすけ)により再興された。三国久八(きゅうはち)がはじめた三国焼も舞子焼といわれる。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

衣笠宗兵衛の関連キーワード播磨陶工

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android