衣笠鳩陵(読み)きぬがさ きゅうりょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

衣笠鳩陵 きぬがさ-きゅうりょう

?-? 江戸時代中期の儒者。
江戸の人。井上金峨(きんが)に折衷学をまなぶ。駒込(こまごめ)吉祥寺の門前にすみ,金銭をとって四書五経や史書を講義した。いわゆる「売講」のはじまりという。名は延寿。字(あざな)は康伯。通称は六蔵。著作に「鳩陵文艸(ぶんそう)」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android