コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

駒込 こまごめ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

駒込
こまごめ

東京都豊島区東部および文京区北部の地区。かつては本郷台北側一帯の総称で,おおむね住宅地江戸時代武家屋敷や寺院が多く,柳沢吉保別邸であった六義園 (特別名勝) は文京区にあり,回遊式山水庭園として名高く,都立公園として公開されている。駒込駅では JR山手線と東京地下鉄南北線が接続する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

駒込
こまごめ

東京都豊島(としま)区東部から文京区北部にまたがる地区。現在は文京区側を本(ほん)駒込、豊島区側を駒込として区別している。JR山手(やまのて)線駒込駅を中心とし、東京メトロ南北線駒込・本駒込駅がある。本駒込の南端、白山(はくさん)および千石(せんごく)地区との境界付近を都営地下鉄三田(みた)線が通る。山手台地上にあり、日本武尊(やまとたけるのみこと)が東征のとき、このあたりに陣を張り、「駒込(こまご)みたり」(駒が集まっているの意)といったのが地名の由来という。武蔵(むさし)国の官牧があり、江戸時代は郊外の地で、本駒込に柳沢吉保(やなぎさわよしやす)が中屋敷をつくったが、現在六義園(りくぎえん)として残る。東洋文庫などもある。駒込の北部には染井(そめい)霊園があり、寺院が多い。[沢田 清]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

駒込の関連キーワード大日本コンサルタント浅草田甫 草津亭駒込ピペット黒沢巳之助島田依史子伊藤伊兵衛閑話・間話今井岩五郎二木 謙三高木 逸磨末広 照啓松永 藤雄伊藤重兵衛八百屋お七青果市場平木白星高木逸磨志毛藕塘松永藤雄福内史子

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

駒込の関連情報