コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

駒込 こまごめ

6件 の用語解説(駒込の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

駒込
こまごめ

東京都豊島区東部および文京区北部の地区。かつては本郷台北側一帯の総称で,おおむね住宅地。江戸時代武家屋敷や寺院が多く,柳沢吉保の別邸であった六義園 (特別名勝) は文京区にあり,回遊式山水庭園として名高く,都立公園として公開されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こまごめ【駒込】

東京都豊島区東部から文京区北部にまたがる地区。江戸時代は大名屋敷が多く、柳沢吉保の中屋敷跡が六義園(りくぎえん)として残っている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

駒込
こまごめ

東京都豊島(としま)区東部から文京区北部にまたがる地区。現在は文京区側を本(ほん)駒込、豊島区側を駒込として区別している。JR山手(やまのて)線駒込駅を中心とし、東京メトロ南北線駒込・本駒込駅がある。本駒込の南端、白山(はくさん)および千石(せんごく)地区との境界付近を都営地下鉄三田(みた)線が通る。山手台地上にあり、日本武尊(やまとたけるのみこと)が東征のとき、このあたりに陣を張り、「駒込(こまご)みたり」(駒が集まっているの意)といったのが地名の由来という。武蔵(むさし)国の官牧があり、江戸時代は郊外の地で、本駒込に柳沢吉保(やなぎさわよしやす)が中屋敷をつくったが、現在六義園(りくぎえん)として残る。東洋文庫などもある。駒込の北部には染井(そめい)霊園があり、寺院が多い。[沢田 清]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

駒込の関連キーワード東京都豊島区池袋東京都豊島区北大塚東京都豊島区駒込東京都豊島区巣鴨東京都豊島区千川東京都豊島区高田東京都豊島区高松東京都豊島区千早東京都豊島区長崎東京都豊島区目白

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

駒込の関連情報