衣紋・衣文(読み)えもん

大辞林 第三版の解説

えもん【衣紋・衣文】

装束を形よく着用すること。また、そのための着用方法。 「この大将殿はことの外に-をぞ好み給ひて/今鏡 御子たち
衣服。身なり。 「冠も-も打乱れ/浄瑠璃・大職冠」
和服の襟の、胸で合わさるあたり。
彫刻・絵画において、人物像の着衣の表現のこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android