コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

衣関順庵 きぬとめ・じゅんあん

1件 の用語解説(衣関順庵の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

衣関順庵

没年:文化4(1807)
生年:生年不詳
江戸中期の眼科医。陸奥国一関(一関市)生まれ。名は敬貫,鱗,字は甫軒,号は東海。江戸の渡辺立軒に就いて眼科を修めたが,漢方眼科に疑問を抱き,動物眼のちには人眼を剖検して研究した。子の貫も衣関順庵と称して眼科を継ぎ,プレンキ原著の蘭訳眼科書を読んで『眼目明弁』(1810)を著し,また紙製の眼球模型を作って門弟に眼科を教えた。<参考文献>小川剣三郎『稿本日本眼科小史』,福島義一「日本眼科史」(『日本眼科全書』1巻)

(福島義一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

衣関順庵の関連キーワード田村建顕関明霞一関市一関眼科医阿部重頼遠藤清寅衣関甫軒中泉行徳芳賀潜庵

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone