コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

衣関順庵 きぬとめ・じゅんあん

朝日日本歴史人物事典の解説

衣関順庵

没年:文化4(1807)
生年:生年不詳
江戸中期の眼科医。陸奥国一関(一関市)生まれ。名は敬貫,鱗,字は甫軒,号は東海。江戸の渡辺立軒に就いて眼科を修めたが,漢方眼科に疑問を抱き,動物眼のちには人眼を剖検して研究した。子の貫も衣関順庵と称して眼科を継ぎ,プレンキ原著の蘭訳眼科書を読んで『眼目明弁』(1810)を著し,また紙製の眼球模型を作って門弟に眼科を教えた。<参考文献>小川剣三郎『稿本日本眼科小史』,福島義一「日本眼科史」(『日本眼科全書』1巻)

(福島義一)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

衣関順庵の関連キーワード衣関甫軒

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android