表面固化物(読み)ひょうめんこかぶつ(英語表記)duricrust

岩石学辞典「表面固化物」の解説

表面固化物

半乾燥気候の下で,土壌粒子の固結により土壌の表面や内部が硬化した堅い土壌殻[ランダムハウス : 1994].ラテライト外形の上部を覆って産出する塊状の固化した鉄鉱石.表面固化物はかなりの地域を覆っており,更新世(Pleistocene)の台地のレベルを示すもの[Woolnough : 1927, Goudie : 1973].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android