コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

表面固化物 ひょうめんこかぶつ duricrust

1件 の用語解説(表面固化物の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

表面固化物

半乾燥気候の下で,土壌粒子の固結により土壌の表面や内部が硬化した堅い土壌殻[ランダムハウス : 1994].ラテライトの外形の上部を覆って産出する塊状の固化した鉄鉱石.表面固化物はかなりの地域を覆っており,更新世(Pleistocene)の台地のレベルを示すもの[Woolnough : 1927, Goudie : 1973].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

表面固化物の関連キーワード乾燥気候気候学三稜石ステップ気候気候因子気候型乾性土壌硬盤層湿性土壌シルクリート

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone