コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

袖止(め)/袖留(め) ソデトメ

デジタル大辞泉の解説

そで‐とめ【袖止(め)/袖留(め)】

江戸時代、男子の元服、または女子が成人に達したとき、振袖をその半分ほどの普通の袖丈に縮めること。また、その祝い。とめそで。
吉原で、振袖新造から、その上の階級である部屋持ちの留袖新造になること。また、その儀式。そでつめ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

袖止(め)/袖留(め)の関連キーワード江戸時代袖詰め月見