袖萩(読み)そではぎ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

袖萩 そではぎ

浄瑠璃(じょうるり)や歌舞伎の登場人物。
奥州の安倍一族の反乱をえがいた近松半二らの人形浄瑠璃奥州安達原(あだちがはら)」に登場。安倍貞任(さだとう)の子を生み,父平直方から勘当される。のち貞任ともわかれ家をでて盲目となり,父と夫の対決の場で不孝をわびる祭文をかたり自害する。のち歌舞伎にもなり,「袖萩祭文」の場として有名。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

袖萩の関連情報