コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

被爆体験者訴訟

1件 の用語解説(被爆体験者訴訟の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

被爆体験者訴訟

2007年11月に22人が提訴。原告は原爆投下時に爆心地から7~12キロにいたとされる。25日は昨年12月に結審した395人について長崎地裁が判断を示す。原告26人が提訴後、亡くなっている。

(2012-06-23 朝日新聞 朝刊 3社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

被爆体験者訴訟の関連キーワード志賀原発訴訟自衛官合祀拒否訴訟西日本石炭じん肺訴訟中国残留孤児訴訟中国残留日本人孤児による国家賠償請求集団訴訟中国残留邦人による国家賠償請求訴訟障害者自立支援法をめぐる訴訟水俣病不知火患者会訴訟厚木基地訴訟厚木基地騒音訴訟

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

被爆体験者訴訟の関連情報