コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

被爆者援護法 ヒバクシャエンゴホウ

デジタル大辞泉の解説

ひばくしゃ‐えんごほう〔‐ヱンゴハフ〕【被爆者援護法】

《「原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律」の通称》原子爆弾被爆者に対して保健・医療・福祉にわたる総合的な援護対策を講じることを定めた法律。原爆被爆者援護法
[補説]昭和32年(1957)制定の原爆医療法(原子爆弾被爆者の医療等に関する法律)と昭和43年(1968)制定の原爆特別措置法(原子爆弾被爆者に対する特別措置に関する法律)を統合して平成6年(1994)に制定された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

被爆者援護法

1995年7月に施行された。広島、長崎両市か都道府県へ申請し、被爆者として認められると健康手帳が交付され、健康管理手当などの手当や自己負担分の医療費が支給される。厚労省によると、国内の被爆者は約22万7千人、在外被爆者は約4千人(昨年3月時点)。

(2011-06-02 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

被爆者援護法
ひばくしゃえんごほう

広島市および長崎市に投下された原子爆弾の被爆者を援護する目的で制定された法律。1957年(昭和32)制定の被爆者医療法と68年制定された被爆者特別措置法があったが、1995年(平成7)に総合的な被爆者援助を行うという主旨で、この2法が統合され、新たに原爆被爆者援護法が制定された。本項では旧法の被爆者医療法と被爆者特別措置法について解説する。新設の「原爆被爆者援護法」については、その項目を参照のこと。
 国が被爆者に対して健康診断および医療を行うことにより、その健康の保持および向上を図ることを目的として、1957年、「原子爆弾被爆者の医療等に関する法律」(被爆者医療法、昭和32年法律41号)が設けられた。この法律にいう「被爆者」とは、この法律第2条の定める要件に該当する者であって、都道府県知事から被爆者健康手帳(被爆者手帳)の交付を受けた者をいう(同法2条)。都道府県知事は、被爆者に対して、毎年、厚生省(現厚生労働省)令で定めるところにより、健康診断を行い(同法4条)、この診断の結果必要があると認めるときは、都道府県知事は、当該健康診断を受けた者に対して、必要な指導を行うものとされた(同法6条)。また、厚生大臣(現厚生労働大臣)は、原子爆弾の傷害作用に起因して負傷し、または疾病にかかり、現に医療を要する状態にある被爆者に対し、必要な医療の給付を行う(同法7条)。この医療の給付を受けようとする者は、あらかじめ、当該負傷または疾病が、原子爆弾の傷害作用に起因する旨の厚生大臣の認定を受けなければならないとされていた(同法8条1項)。
 一方、1968年に制定された「原子爆弾被爆者に対する特別措置に関する法律」(被爆者特別措置法、昭和43年法律53号)により、厚生大臣の認定を受けた被爆者は、都道府県知事の認定を受けることにより、医療特別手当の支給を受けることができるようになった(同法2条1項・2項)。なお、同法は、前述の医療特別手当の支給を受けていない被爆者に対する特別手当の支給(同法3条1項・2項・3項)をはじめとして、原子爆弾小頭症手当の支給(同法4条の2)、健康管理手当の支給(同法5条)、介護手当の支給(同法8条)などにつき規定を設けていた。[竹内俊雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

被爆者援護法の関連キーワード在ブラジル被爆者訴訟の最高裁判決原爆被爆者対策基本問題懇談会在外被爆者の医療費支給訴訟沖縄の被爆者と救済策の遅れ日本原水爆被害者団体協議会在ブラジル被爆者訴訟被爆者と被爆体験者アジア平和国民基金被爆者援護策の現状原爆症の認定制度今回の最高裁判決従軍慰安婦問題被爆者健康手帳村山富市内閣在米の被爆者医療特別手当救護被爆者医療保障強制労働戦後補償

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

被爆者援護法の関連情報