コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

被覆穿孔 ひふくせんこうcovered perforation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

被覆穿孔
ひふくせんこう
covered perforation

胃・十二指腸潰瘍が深くなり,漿膜に達するようになると,周囲の臓器にも炎症が及んで潰瘍部に癒着する。これは,潰瘍が穿孔して腹膜炎などを起さないようにする生体の防御反応である。潰瘍がさらに進んで穿孔を起した場合,この保護癒着が十分でないとか,穿孔がきわめて小さければ,穿孔部に限局性の膿瘍が生じ,大網,肝臓,胆嚢,膵臓,小網などが癒着してこれを取囲む。この状態を被覆穿孔という。胃内腔は穿孔した潰瘍を通じて膿瘍と交通するが,腹腔とは癒着した臓器が境になる。被覆穿孔では症状は軽いが,癒着がはがれて急性汎発性腹膜炎を起す危険性が高いので,時期をみて根治手術を行う。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android