コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

被覆穿孔 ひふくせんこう covered perforation

1件 の用語解説(被覆穿孔の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

被覆穿孔
ひふくせんこう
covered perforation

胃・十二指腸潰瘍が深くなり,漿膜に達するようになると,周囲の臓器にも炎症が及んで潰瘍部に癒着する。これは,潰瘍が穿孔して腹膜炎などを起さないようにする生体の防御反応である。潰瘍がさらに進んで穿孔を起した場合,この保護癒着が十分でないとか,穿孔がきわめて小さければ,穿孔部に限局性の膿瘍が生じ,大網,肝臓,胆嚢,膵臓,小網などが癒着してこれを取囲む。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

被覆穿孔の関連キーワード十二指腸潰瘍消化性潰瘍吐血胃痛胃-十二指腸潰瘍ガストリン産生腫瘍十二指腸炎十二指腸カタル十二指腸腺胃潰瘍/十二指腸潰瘍

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone