コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

裏彩色 ウラザイシキ

デジタル大辞泉の解説

うら‐ざいしき【裏彩色】

中国・日本画で、絵絹の裏側からも彩色すること。色をぼかし柔らかい感じを出す効果がある。また、その彩色。裏塗り。裏具。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

うらざいしき【裏彩色】

東洋画の技法の一。画面の全体、また一部に絵絹の裏から顔料を塗って効果を出す方法。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

裏彩色の関連情報