コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

絵絹 エギヌ

デジタル大辞泉の解説

え‐ぎぬ〔ヱ‐〕【絵絹】

日本画を描くのに用いる平織りで薄地絹織物。にじみ止めに礬水(どうさ)をひいて用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

えぎぬ【絵絹】

日本画に用いる白い生絹きぎぬの画布。多くはにじみ止めに礬水どうさを引いて使う。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

絵絹
えぎぬ

日本画の素地に使用するための糸密度が均整で平均し、緻密(ちみつ)に織られた平織の絹織物。歴史的には時代によって密度や織り幅に特徴がみられ、時代判定の参考とされている。製織には、濡(ぬ)れ緯糸(よこいと)を使用するのが特徴である。現在では、1尺(30.3センチメートル)の小幅から5尺くらいの織り幅までを、岐阜県各務原(かかみがはら)市で製織している。また絵絹は、絵の具をはじくので膠(にかわ)にミョウバンを加えて水で溶いた礬水(どうさ)を引いて用いられ、また絵絹を使用した絵画を絹本(けんぽん)とよんでいる。[角山幸洋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

絵絹の関連キーワード裏彩色日本画書籍仮枠裏金絹地絖本裏箔画布