裏松重子(読み)うらまつしげこ

世界大百科事典 第2版「裏松重子」の解説

うらまつしげこ【裏松重子】

1411‐63(応永18‐寛正4)
室町幕府6代将軍足利義教の室。日野重光の女。7代義勝,8代義政の生母。通称大方殿。1428年(正長1)義教に嫁す。41年(嘉吉1)義教が赤松満祐に暗殺されたのち,義勝ついで義政が将軍となるが,この2人の幼少将軍の生母として幕政に介入,重要な役割を演じた。51年(宝徳3)尾張国守護代織田氏の内紛をめぐり義政の側近今参(いままいり)局と対立,今後政道に口入せぬことを今参局に約束させた事件は有名である。【鳥居 和之】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「裏松重子」の解説

裏松重子
うらまつしげこ

日野重子」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「裏松重子」の解説

裏松重子
うらまつしげこ

日野重子

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android