コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内衣 ナイエ

世界大百科事典内の内衣の言及

【袈裟】より

…すなわち僧伽梨(そうぎやり),鬱多羅僧(うつたらそう)と安陀会(あんだえ)の三つである。僧伽梨は大衣,重衣ともいわれ正装衣に,鬱多羅僧は上衣として礼仏や説法の聴聞に着用し,安陀会は内衣と称して日常の作業や肌着用に用いられた。仏教の北方流布とともに,規定の三衣のみでは身体の保温がたもてないために,下着を着用することになり,これは後に法衣(ほうえ)となった。…

※「内衣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

内衣の関連キーワードじゅばん(襦袢)ヒマティオン森宇左衛門五条袈裟安陀会背子下襲束帯小袖袈裟大帷五衣六物裙子打衣半臂