製図板(読み)セイズバン

百科事典マイペディアの解説

製図板【せいずばん】

製図に用いる木製の台板。材はヒノキが最高,ホオノキカツラのものや合板製もある。表面は平滑に作られ製図用紙がはり付けられる。左側面は板表面と正しく直角に,直線に削られ,T定規の頭の縁をこの面に当ててすべらせ,平行線を引く。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

せいずばん【製図板】

製図をする際、用紙の下に置く平らな四角い板。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の製図板の言及

【製図用具】より

…製図に用いられる器具および用具の総称。製図器,製図機械,定規類,ものさし類,製図板,鉛筆,消しゴムなどがあげられる。(1)製図器 これには形式によりイギリス式,ドイツ式がある。…

※「製図板」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android