希代/稀代(読み)キタイ

デジタル大辞泉の解説

き‐たい【希代/×稀代】

[名・形動]《「きだい」とも》
世にもまれなこと。めったに見られないこと。また、そのさま。「―の名馬」
不思議であること。非常に変わっていること。また、そのさま。
「浪花節で咄喊(とっかん)する様な―な調子であった」〈漱石・坑夫〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

アノミー

もとは「神法の無視」「無規則性」を意味するギリシア語の anomiaが語源であるが,フランスの社会学者 É.デュルケムが,近代に移行する過程で,それまで人間の行為を規制してきた伝統的価値や,社会的規準...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android