コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

希代/稀代 キタイ

デジタル大辞泉の解説

き‐たい【希代/×稀代】

[名・形動]《「きだい」とも》
世にもまれなこと。めったに見られないこと。また、そのさま。「―の名馬」
不思議であること。非常に変わっていること。また、そのさま。
「浪花節で咄喊(とっかん)する様な―な調子であった」〈漱石・坑夫〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

希代/稀代の関連キーワードゴルトシュミット(Levin Goldschmidt)『へうげもの』と異色歴史マンガドナルド・クラント クレートンロベルト バッジョ音阿弥(おんあみ)トレバー・ローパー名取川(狂言)セビニェ夫人鴉鷺合戦物語明石志賀之助希世・稀世褒め上げる曠世・昿世変人・偏人マコーレーチェーホフクレートン妲妃のお百日本考古学希代未聞