コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

製綱機 せいこうきrope making machine

世界大百科事典 第2版の解説

せいこうき【製綱機 rope making machine】

糸あるいは針金を撚(よ)り合わせてロープやケーブルなどの綱を作る機械で,繊維用と針金(ワイヤ)用とがあるが,原理はほぼ同じである。次に繊維用の各種機械を工程順に示す。ストランダーは多数の糸を撚り合わせてロープの構成単位となるストランドを作る機械で,これをクローサーで撚り合わせて綱を作る。スレッドマシンはストランドを作りながら1工程で細い綱を作る。普通のクローサーの原理図を図1に示したが,円板などに取り付けられたストランドフライヤーにストランドをセットし,円板を回転して上撚(じようねん)をかける。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android