コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

複数為替相場制度(読み)ふくすうかわせそうばせいど(英語表記)multiple rates of exchange system

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

複数為替相場制度
ふくすうかわせそうばせいど
multiple rates of exchange system

為替取引の内容により,同一通貨に対する為替相場が複数存在する制度であり,為替管理の一手段として利用される。たとえば重要なものの輸出入には有利な為替レートを適用し,そうでないものには不利なレートを適用したり,実勢の相場にゆだねたりする。こうしたことを通じて国際収支の安定や為替相場の安定を間接的にはかる場合もある。発展途上国でこの制度を採用しているところもあるが,国際通貨基金 IMFが原則禁止にしていることもあり,次第に減少している。二重相場制 (貿易取引と金融取引とにそれぞれ別の為替相場を適用) も複数為替相場制度の一種である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android