コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

褐変菌 かっぺんきん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

褐変菌
かっぺんきん

子嚢菌類核菌類のケラトキスチス属 Ceratocystisの菌で,近縁種クワイカビなどがある。ブナ材を伐採して山地に放置したりすると出る害菌。特に夏の雨季にみられる。初め新しい切り口に灰白色菌糸が発生し,その材部分が褐色または赤褐色に変化する。菌糸が発育するに従い,材の内部にも変色が進むので,ブナ材は家具や建築材としては使えなくなる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

褐変菌の関連キーワードホヤ-デ-セレンの古代遺跡サーメットサッカー(フットボール)角蝋虫

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android