コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

褐変菌(読み)かっぺんきん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

褐変菌
かっぺんきん

子嚢菌類核菌類のケラトキスチス属 Ceratocystisの菌で,近縁種クワイカビなどがある。ブナ材を伐採して山地に放置したりすると出る害菌。特に夏の雨季にみられる。初め新しい切り口に灰白色菌糸が発生し,その材部分が褐色または赤褐色に変化する。菌糸が発育するに従い,材の内部にも変色が進むので,ブナ材は家具や建築材としては使えなくなる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android