コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西出大三 にしで だいぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西出大三 にしで-だいぞう

1913-1995 昭和-平成時代の工芸家。
大正2年6月7日生まれ。東京美術学校(現東京芸大)在学中から京都などの文化財を調査し,こまかくきった金箔(きんぱく)を仏像や仏画にはりあわせる平安時代の装飾技法の截金(きりかね)を独力で復活させた。昭和60年人間国宝。平成7年7月8日死去。82歳。石川県出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

西出大三の関連キーワード[各個指定]工芸技術部門

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android