西原文虎(読み)にしはら ぶんこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西原文虎 にしはら-ぶんこ

1790-1855 江戸時代後期の俳人。
寛政2年生まれ。信濃(しなの)(長野県)飯山藩の御用油商。小林一茶(いっさ)の門人。「一茶発句集」の編者のひとりで,「ほまち畑」は一茶との両吟連句をあつめたもの。安政2年2月9日死去。66歳。通称は佐左衛門。別号に俳仏堂,松堂,松園など。著作はほかに「一茶翁終焉(しゅうえん)記」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android