西施捧心(読み)せいしほうしん

四字熟語を知る辞典の解説

西施捧心

むやみに人のまねして物笑いになることのたとえ。

[解説] 中国の春秋時代、美女として知られた西施が、胸を病みしばしば胸をかかえてをしかめたのを村の醜女が美のしぐさと思ってまねたという「荘子―天運」に見える故事によることば。

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

せいし‐ほうしん【西施捧心】

〘名〙 中国の春秋時代、美女として知られた西施が、胸を病みしばしば胸をかかえて眉をしかめたのを村の醜女が美のしぐさと思って真似たという「荘子‐天運」に見える故事。むやみに人真似をして物笑いになるたとえ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android