コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西木正明 ニシキマサアキ

デジタル大辞泉の解説

にしき‐まさあき【西木正明】

[1940~ ]小説家。秋田の生まれ。本名、鈴木正昭(まさあき)。自ら現地に赴いて綿密に取材したドキュメンタリー作品を多く手がける。「凍(しば)れる瞳」「端島の女」で直木賞受賞。他に「オホーツク諜報船(ちょうほうせん)」「ケープタウンから来た手紙」「夢顔さんによろしく」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西木正明 にしき-まさあき

1940- 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和15年5月25日生まれ。早大探検部時代,アラスカに遠征。大学中退後平凡出版(現マガジンハウス)勤務をへて,作家活動にはいる。昭和55年「オホーツク諜報船」で日本ノンフィクション賞新人賞,63年「凍(しば)れる瞳」「端島(しば)の女」で直木賞,平成7年「夢幻の山旅」で新田次郎文学賞。秋田県出身。本名は鈴木正昭。作品はほかに「夢顔さんによろしく」「極楽谷に死す」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

西木正明の関連キーワードケープタウン凍れる瞳

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

西木正明の関連情報