コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西村乍昔 にしむら さくせき

1件 の用語解説(西村乍昔の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西村乍昔 にしむら-さくせき

?-1894 明治時代の俳人。
はじめ西宮に,のち大津にすむ。富岡乙也にまなぶ。明治16年大津義仲(ぎちゅう)寺の無名庵にはいって13代となり,20年松尾芭蕉(ばしょう)二百回遠忌(おんき)をいとなんだ。明治27年死去。通称は常七。別号に桜哉園。著作に「小机集」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

西村乍昔の関連キーワード日清戦争リーケの原理日清戦争ロシア映画アレクサンドル露仏同盟ウィリス木口小平権藤震二高橋作衛

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone