コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西村乍昔 にしむら さくせき

1件 の用語解説(西村乍昔の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西村乍昔 にしむら-さくせき

?-1894 明治時代の俳人。
はじめ西宮に,のち大津にすむ。富岡乙也にまなぶ。明治16年大津義仲(ぎちゅう)寺の無名庵にはいって13代となり,20年松尾芭蕉(ばしょう)二百回遠忌(おんき)をいとなんだ。明治27年死去。通称は常七。別号に桜哉園。著作に「小机集」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

西村乍昔の関連キーワード相羽仙夫黒田甫小島文器塩坪鶯笠島村元鈴木大西川甫野田肇間宮宇山渡辺詩竹

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone