コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西村五平太 にしむら ごへいた

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西村五平太 にしむら-ごへいた

?-? 江戸時代中期の漁師。
明和(1764-72)ごろの長門(ながと)鶴江浦(山口県萩市)の人。釣り針の改良につとめ,もどしのない五平太針とよばれる丸型の釣り針を考案した。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

西村五平太

生年:生没年不詳
江戸中期,長門(山口県)阿武郡鶴江浦の漁師で,五平太針の考案者。明和(1764~72)ごろの人。イトヨリの針外れに悩み,従来の角型針の針先を内側へ深く曲げた丸型の釣り針を考案した。以後,鯛縄その他にも丸型針が使用され,西日本に広く普及した。

(勝部直達)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

西村五平太の関連キーワード生年

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android