コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西村藐庵 にしむら みゃくあん

美術人名辞典の解説

西村藐庵

宗光。茶人。「花街漫録」著あり。江戸、吉原江戸町の名主嘉永6年(1853)歿、70才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西村藐庵 にしむら-みゃくあん

1784-1853 江戸時代後期の好事家(こうずか)。
天明4年生まれ。江戸吉原の名主。近衛三藐院(このえ-さんみゃくいん)流の書にすぐれ,茶・俳諧(はいかい)・陶芸などにも長じた。5代乾山(けんざん)を名のった。嘉永(かえい)6年11月24日死去。70歳。名は伊之。字(あざな)は宗先。別号に歌仙庵。号は「ばくあん」ともよむ。著作に「花街漫録」など。

西村藐庵 にしむら-ばくあん

にしむら-みゃくあん

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

西村藐庵の関連キーワード庄司南海三浦乾也好事家

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android