コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西江雅之 にしえ まさゆき

2件 の用語解説(西江雅之の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西江雅之 にしえ-まさゆき

1937-2015 昭和後期-平成時代の文化人類学者,言語学者。
昭和12年10月23日生まれ。アフリカなどを放浪,多くの言語に通じ,昭和46年日本ではじめて「スワヒリ語辞典」を刊行。東京外大助教授をへて,58年母校早大の教授。平成27年6月14日死去。77歳。東京出身。著作に「異郷の景色」「ことばを追って」「異郷日記」「ヒトかサルかと問われても “歩く文化人類学者”半生記」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

知恵蔵miniの解説

西江雅之

日本の言語学・文化人類学者。1937年10月23日、東京生まれ。アフリカ言語研究の専門家で、「歩く文化人類学者」「ハダシの学者」と呼ばれた。早稲田大学を卒業し、米国カリフォルニア大学で言語学を学ぶ。20代で日本初となるスワヒリ語の辞書などを発表した。東京外語大学・早稲田大学・東京芸術大学などで教鞭をとり、『異郷の景色』(79年、晶文社)、『ことばを追って』(89年、大修館書店)、『ヒトかサルかと問われても-“歩く文化人類学者”半生記』(98年、読売新聞社)、他エッセー集など多数の著作を発表した。2015年6月14日、すい臓癌のため死去。享年77。

(2015-6-22)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

西江雅之の関連キーワード山口昌男米山俊直青木保(2)池田浩士石毛直道谷泰原ひろ子増田義郎須藤健一祖父江孝男

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

西江雅之の関連情報