西洋夾竹桃(読み)セイヨウキョウチクトウ

精選版 日本国語大辞典の解説

せいよう‐きょうちくとう セイヤウケフチクタウ【西洋夾竹桃】

〘名〙 キョウチクトウ科の常緑低木。地中海岸地方原産で、庭園などに植えられる。高さ二~五メートル。葉はふつう三輪生し、長さ一二~一八センチメートルの線状披針形で両端がとがり、革質灰緑色。花は枝先に集まってつき六~九月に開く。花冠は細い筒部があり、先は五裂して平開し径五センチメートル内外。花色は淡紅色、白色のほか、紫紅色、黄色などの品種もある。根や葉は強心剤の原料となる。オレアンダー。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android