西田 直二郎(読み)ニシダ ナオジロウ

20世紀日本人名事典の解説

西田 直二郎
ニシダ ナオジロウ

大正・昭和期の日本史学者 京都大学名誉教授。



生年
明治19(1886)年12月23日

没年
昭和39(1964)年12月26日

出生地
大阪府西成郡清堀村(現・大阪市天王寺区)

学歴〔年〕
京都帝大文科大学史学科〔明治43年〕卒,京都帝大大学院修了

学位〔年〕
文学博士(京都帝大)〔大正13年〕

経歴
内田銀蔵に日本文化史を学ぶ。大正4年京都帝大講師、8年助教授。9〜12年ケンブリッジ大学、ベルリン大学で学び、コンドルセーらの影響を受ける。帰国後の13年京都帝大教授。以後20年間京大国史を指導。実証主義史学や文献史学を批判し、歴史を精神の相において捉えようとする独自の西田史学を展開、いわゆる“文化史観”を提唱し、昭和7年「日本文化史序説」を著した。8年の京大滝川事件を機に、それまでの自由主義的な歴史学から国家主義へ転向。戦前、戦中は国民精神文化研究所員を兼ね、“日本精神”を説き京大の日本精神史講座を担当したため、戦後、戦争責任を問われ公職追放となった。解除後、27年京大名誉教授となり、その後、京都女子大、滋賀大教授を歴任。著書は他に「日本文化史論考」「京都史蹟の研究」「後醍醐天皇宸翰集」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

西田 直二郎 (にしだ なおじろう)

生年月日:1886年12月23日
大正時代;昭和時代の日本史学者。京都帝国大学教授;京都女子大学教授
1964年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android