コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西脇国三郎 にしわき くにさぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西脇国三郎 にしわき-くにさぶろう

1854-1896 明治時代の実業家,社会事業家。
安政元年生まれ。明治14年生地新潟県小千谷(おぢや)で「金融会社」の頭取となる。小千谷電信局の設立や信濃川旭橋の架橋に資金援助。24年小千谷町長。のち両毛鉄道社長,第四国立銀行取締役などをつとめた。明治29年2月7日死去。43歳。号は雲林。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

西脇国三郎の関連キーワード樋口一葉深刻小説ハイネペリー(Matthew Calbraith Perry)スペンサー(Herbert Spencer)トムソン(Sir Joseph John Thomson)安政オレンジ自由国ケクレゴンクール(兄弟)

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone