コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西運長 にし うんちょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西運長 にし-うんちょう

1826-1875 幕末の武士。
文政9年生まれ。長門(ながと)(山口県)府中藩家老。文久3年外国船砲撃の際は海防掛としてたたかう。本藩の内戦収拾に関与し,三条実美(さねとみ)ら五卿(ごきょう)の筑前(ちくぜん)渡海に力をつくす。維新後,改称した豊浦藩大参事。明治8年5月30日死去。50歳。本姓は児玉。通称は図書,小豊後。号は雪江

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

西運長の関連キーワードハウフバーラクザイ朝ハウフフランス共和国憲法チャイコフスキー(Pyotr Il'ich Chaykovskiy)クルップビニークラークブルックブレーク

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android