コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西運長 にし うんちょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西運長 にし-うんちょう

1826-1875 幕末の武士。
文政9年生まれ。長門(ながと)(山口県)府中藩家老。文久3年外国船砲撃の際は海防掛としてたたかう。本藩の内戦収拾に関与し,三条実美(さねとみ)ら五卿(ごきょう)の筑前(ちくぜん)渡海に力をつくす。維新後,改称した豊浦藩大参事。明治8年5月30日死去。50歳。本姓は児玉。通称は図書,小豊後。号は雪江

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

西運長の関連キーワードハウフバーラクザイ朝ハウフフランス共和国憲法チャイコフスキー(Pyotr Il'ich Chaykovskiy)クルップビニークラークブルックブレーク

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android