コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西部大開発 せいぶだいかいはつ

2件 の用語解説(西部大開発の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

西部大開発

沿岸地区に比して開発が著しく遅れている中国内陸の西部地区(四川省、貴州省、陝西省、青海省、甘粛省、新疆ウイグル自治区寧夏回族自治区チベット自治区、及び重慶市などの省・自治区・市で面積は中国全体の約58%、人口は約25%だが、国内総生産では約15%)を重点的に開発するため、2000年には14億元(約1兆3000億円)の長期国債を発行し、インフラ建設、科学技術施設などに配分して大規模開発を進めようという国家プロジェクト。00年3月の全国人民代表大会(第9期第3回会議)の政治活動報告で、朱鎔基(チュー・ロンチー)首相が提案して注目された。同年8月、内モンゴル自治区が対象に追加された。沿海部と内陸部との経済格差是正や、少数民族地区の政治的・社会的安定を狙い、同時に内陸部への積極的な外資導入を図ろうとするものである。02年にはチベット自治区(ラサ)と青海省(西寧)とを結ぶ、全長1963kmの高地鉄道(最高地点5072m)である青蔵鉄道の工事も4半世紀ぶりに再開され、06年7月に開通した。

(中嶋嶺雄 国際教養大学学長 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

西部大開発
せいぶだいかいはつ

経済発展が遅れている中国西部内陸部を重点的に開発し、先行する中国東部沿海部との経済・社会格差の縮小を目ざす中国政府の国家戦略アメリカの西部開拓(ゴールド・ラッシュ)になぞらえ、1999年に江沢民(こうたくみん/チアンツォーミン)国家主席(当時)が西部大開発の呼称を正式に使った。2000年の全国人民代表大会(全人代)で計画を採用し、2001年から始まった第十次五か年計画以降、中国の国内近代化政策の柱となっている。
 対象は重慶(じゅうけい/チョンチン)市、四川(しせん/スーチョワン)省、雲南(うんなん/ユンナン)省、新疆(しんきょう/シンチヤン)ウイグル自治区など12の直轄市・省・自治区にわたり、中国全土の約5分の4を占める。しかし、この地域の国内総生産(GDP)は全土の5分の1弱、1人当りの所得水準は沿海部の10分の1以下にすぎない。雇用・生活・教育面での格差は広がる一方で、大開発は経済発展を沿海部から内陸部へ及ぼす内需振興と同時に、内陸部の余剰雇用の吸収、少数民族地域の安定など社会不安を解消するねらいがある。
 開発の柱は道路、鉄道、空港、通信、水利、都市開発などのインフラ整備。内陸部の天然ガスを沿海部へ送るガスパイプラインの建設や三峡ダム(2009年完成)を含む発電・送電計画のほか、観光資源の活用など多岐にわたる。北京(ペキン)近郊まで迫る砂漠化などに対応し、植林や農業振興などで環境対策を進めるねらいもある。
 中国政府は2001年から5年間で4兆円を超す重点投資を実施したが、西部大開発には外資の導入が欠かせず、日本企業などのビジネスチャンスが広がると指摘されている。ただ中国政府は過去すでに二度にわたって西部開発を実施している。旧ソ連の援助を受けて1950年代に内陸部の工業化に取り組み、1960年代には米ソからの侵略に備え多くの工業基地を内陸部に移したが、いずれも経済的波及効果は限定的であった。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

西部大開発の関連キーワード過熟児下北半島国定公園荒野石英砂ロケットサラダCBD山岳フレネルレンズ歴史的風土保存地区彩都

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

西部大開発の関連情報