西郷札(読み)サイゴウサツ

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

西郷札

宮崎で軍政を敷いた西郷軍が戦費調達のために発行した軍用手票(紙幣)。10円、5円、1円、50銭、20銭、10銭の6種類を発行した。政府が認めた紙幣ではないため、西南戦争が終わると使い物にならなかった。    * 誘NOW(いざなう)維新 150周年

(2018-09-02 朝日新聞 朝刊 鹿児島全県・1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

大辞林 第三版の解説

さいごうさつ【西郷札】

1877年(明治10)の西南戦争の際、西郷軍が戦費調達のために発行した紙幣。十円・五円・一円・五十銭・二十銭・十銭の6種が発行された。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さいごう‐さつ サイガウ‥【西郷札】

〘名〙 明治一〇年(一八七七)の西南の役に、西郷方(薩軍)が戦費調達のため発行した紙幣。承恵札といわれる半円と一円の二種と、軍務所札といわれる一〇銭、二〇銭、五〇銭、一円、五円、一〇円の六種がある。軍務所札はわらび札と呼ばれ、紙にわらび粉のりで寒冷紗(かんれいしゃ)を張った特殊の用紙に印刷したもの。いずれも信用が薄く、流通圏も戦況とともに移動し、西郷方の敗北で無価値なものとなった。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の西郷札の言及

【軍票】より

…第2次大戦でも各種のやり方で軍票が発行された。 日本では,西南戦争時に西郷軍が発行した軍用紙幣,いわゆる西郷札がその先駆とされる。政府発行の軍票は,日清戦争時が最初のケース(未使用のまま回収)であり,日露戦争,青島(チンタオ)出兵,シベリア出兵,日華事変,太平洋戦争の際に例がある。…

※「西郷札」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

西郷札の関連情報