コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西鼓岳 にし こがく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西鼓岳 にし-こがく

1803-1857 江戸時代後期の儒者。
享和3年生まれ。肥前佐賀藩家老多久氏の家臣。多久氏の郷校東原庠舎(とうげんしょうしゃ)で草場佩川(はいせん)に,江戸で古賀侗庵(どうあん)にまなぶ。帰郷して庠舎でおしえ,助教兼監察となる。漢詩をよくし,広瀬淡窓に激賞された。安政4年2月2日死去。55歳。名は賛。字(あざな)は叔襄。別号に芳隣舎。著作に「芳隣舎詩鈔」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

西鼓岳の関連キーワードインドの大反乱ケクレ若宮丸漂流民ギュツラフドゥーフ日道白粒岩延命院日道ニューフランスヘルウェティア共和国

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android