コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

要因加算法

1件 の用語解説(要因加算法の意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

要因加算法

 要因法ともいう.ある現象や結果を解釈したり,ある結果を導くために,それに影響を与える因子,すなわち要因を列挙して,それが結論に及ぼす程度を加算していく方法.以前は,FAO/WHOによるタンパク質所要量の決定にも用いられた方法で,不可避窒素損失量,個人差,摂取しているタンパク質の利用効率,生理的な加算要因(成長中か,妊娠しているか,授乳しているかなど),環境要因ストレスによって必要となる量の加算),などに分けてそれぞれを量的に評価し,加算してその結果を所要量とした.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

要因加算法の関連キーワードモーガンの公準注疏対比現象ヴェストファール‐ピルツ現象(臨床医学)グラセ‐ゴーセル現象足指現象ピルツ‐ヴェストファール現象ベル現象房水流入現象腕現象

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone