コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

要因加算法

栄養・生化学辞典の解説

要因加算法

 要因法ともいう.ある現象や結果を解釈したり,ある結果を導くために,それに影響を与える因子,すなわち要因を列挙して,それが結論に及ぼす程度を加算していく方法.以前は,FAO/WHOによるタンパク質所要量の決定にも用いられた方法で,不可避窒素損失量,個人差,摂取しているタンパク質の利用効率,生理的な加算要因(成長中か,妊娠しているか,授乳しているかなど),環境要因ストレスによって必要となる量の加算),などに分けてそれぞれを量的に評価し,加算してその結果を所要量とした.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android