見掛け倒し(読み)ミカケダオシ

デジタル大辞泉の解説

みかけ‐だおし〔‐だふし〕【見掛け倒し】

[名・形動]外見はすぐれているが、実質は劣っていること。また、そのさま。「見掛け倒し臆病者

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みかけだおし【見掛け倒し】

外見はよいが中身が悪いこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android