コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

羊頭狗肉(読み)ヨウトウクニク

大辞林 第三版の解説

ようとうくにく【羊頭狗肉】

〔「無門関」から。古く「晏子春秋」に「猶牛首于門、而売馬肉于内也」とみえる〕
看板には羊の頭を掲げながら、実際には犬の肉を売る意。見かけと実質とが一致しないことのたとえ。見掛け倒し。羊頭を掲げて狗肉を売る。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

羊頭狗肉
ようとうくにく

羊頭を掲げて狗肉を売る」の略で、の頭を看板に掲げながら、羊の肉を売らずに犬の肉を売るとの意。看板は上等でも、実際に売る品物がごまかし物で劣悪であること、転じて、見せかけや触れ込みはりっぱでも、実質が伴わないことをいう。『無門関』や『五燈会元(ごとうえげん)』などを出典とするが、「羊頭を掲げて馬輔(ばほ)(馬の肉)を売る」(『後漢書(ごかんじょ)』)、「牛の首を門に掲げて馬肉を内に売る」(『晏氏春秋(あんししゅんじゅう)』)などの語句もある。[田所義行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

羊頭狗肉の関連情報