名前負け(読み)ナマエマケ

デジタル大辞泉の解説

なまえ‐まけ〔なまへ‐〕【名前負け】

[名](スル)名前がりっぱすぎて、実物が見劣りすること。「先代の名をもらって名前負けする」
[補説]文化庁が発表した平成27年度「国語に関する世論調査」では、本来意味とされる「名前が立派で、中身が追い付かないこと」で使う人が83.4パーセント、本来の意味ではない「名前を聞いただけで気後れしてしまうこと」で使う人が9.3パーセントという結果が出ている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なまえまけ【名前負け】

( 名 ) スル
名前だけが立派で、実質がそれに相当しないこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

名前負けの関連情報