コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

見果てぬ夢 ミハテヌユメ

デジタル大辞泉の解説

見果(みは)てぬ夢(ゆめ)

最後まで見終わらない夢。
心残りなことや実現不可能なことのたとえ。「優勝は、見果てぬ夢に終わった」

みはてぬゆめ【見果てぬ夢】

李恢成(イフェソン)の長編小説。昭和52年(1977)から昭和54年(1979)にかけて全6巻を刊行。韓国のソウルを舞台に、土着の社会主義を目指す人々の苦悩を描く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

見果てぬ夢

ミュージカル「ラ・マンチャの男」(1965年ブロードウェイ初演)の劇中歌。原題《The Impossible Dream》。作詞:ジョー・ダリオン、作曲:ミッチ・リー。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

みはてぬゆめ【見果てぬ夢】

最後まで見終えない夢。心残りなことのたとえ。また、実現不可能な事柄のたとえ。 「 -を追う」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

見果てぬ夢の関連キーワードフォード(Gerald Rudolph Ford)李恢成(りかいせい)ミッチ リーコルビエールほんだりんこ豊岡りずむ村上龍太郎福嶋久美子竹本翔之介伊藤 拾郎松本幸四郎内堀克利小西早苗清水恭平初瀬川竜見合せる菅野光子星野直樹片割れ月早川尚也

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

見果てぬ夢の関連情報