見果てぬ夢(読み)ミハテヌユメ

デジタル大辞泉「見果てぬ夢」の解説

みはてぬゆめ【見果てぬ夢】

李恢成イフェソン長編小説。昭和52年(1977)から昭和54年(1979)にかけて全6巻を刊行。韓国のソウル舞台に、土着の社会主義を目指す人々の苦悩を描く。

見果みはてぬゆめ

最後まで見終わらない
心残りなことや実現不可能なことのたとえ。「優勝は、見果てぬ夢に終わった」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

最上川

山形県をほぼ南北に貫流する川。全長 229km。吾妻山系に源を発し,北流して米沢・山形盆地を貫流,新庄盆地で流路を西に変え,下流部に庄内平野を形成して日本海に注ぐ。支流が多く,全流域面積 (7040k...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android