李恢成(読み)イフェソン

  • りかいせい
  • りかいせい〔クワイセイ〕
  • 李恢成 り-かいせい
  • 李恢成 イ-フェソン

百科事典マイペディアの解説

小説家。樺太在住の在日朝鮮人2世として生まれる。早稲田大学卒。朝鮮総連中央教育部学生課,朝鮮新報社などに勤めながら創作を試みる。《またふたたびの道》(1969年)で群像新人文学賞受賞。以後《群像》などに,在日と祖国分断の問題を見据えた作品を次々と発表。《季刊芸術》に発表した《砧をうつ女》(1972年)で在日朝鮮人として初めて芥川賞を受賞した。他に《約束の土地》《伽【や】子のために》などがある。
→関連項目金鶴泳

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1935- 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和10年7月25日樺太(からふと)(サハリン)生まれ。戦後北海道に移住。朝鮮総連,朝鮮新報社勤務のかたわら創作にうちこみ,昭和44年在日朝鮮人の家族をえがいた「またふたたびの道」で群像新人文学賞,47年「(きぬた)をうつ女」で芥川賞。祖国朝鮮の同時代の青年群像をえがいた3000枚の大作「見果てぬ夢」(昭和52-54年刊)のあと,平成6年「百年の旅人たち」で野間文芸賞。10年韓国籍を取得。早大卒。作品はほかに「伽倻子(かやこ)のために」「サハリンへの旅」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

自由放任主義

自由に個人の利益を追求させ,競争させることが社会全体の利益の増進に役立つという主張。 A.スミスは『国富論』において,フェアプレイの原則に基づく自由競争こそ見えざる手による社会の繁栄をもたらすとし,一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android