コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

見残し みのこし

3件 の用語解説(見残しの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

みのこし【見残し】

見残すこと。また、見残したもの。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みのこし【見残し】

高知県土佐清水市の西部,千尋(ちひろ)岬先端近くの西岸に位置する景勝地。岬の基部にある竜串(たつくし)と同様,海食・風食を受けた第三紀層の砂岩が,岩質の差によって櫛の歯状や蜂の巣状のさまざまな奇岩・奇勝を形成。弘法大師も見残したとの伝えからこの名が生じたという。また,岬突端の化石痕(れんこん)は国の天然記念物。付近の海域には造礁サンゴの群落も形成されており,竜串とともに足摺宇和海国立公園の一拠点をなす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔高知県〕見残し(みのこし)


高知県土佐清水(とさしみず)市の景勝海岸。千尋岬(ちひろざき)南西端に位置する。波食・風食された蜂の巣状の岩石景観が広がる。同岬基部に竜串(たつくし)の景勝地がある。グラスボートでの探勝のほか、展望台からの眺望もよい。竜串を含め足摺宇和海(あしずりうわかい)国立公園・竜串海中公園に指定されている。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

見残しの関連情報