コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

見残し みのこし

大辞林 第三版の解説

みのこし【見残し】

見残すこと。また、見残したもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みのこし【見残し】

高知県土佐清水市の西部,千尋(ちひろ)岬先端近くの西岸に位置する景勝地。岬の基部にある竜串(たつくし)と同様,海食風食を受けた第三紀層の砂岩が,岩質の差によって櫛の歯状や蜂の巣状のさまざまな奇岩・奇勝を形成。弘法大師も見残したとの伝えからこの名が生じたという。また,岬突端の化石痕(れんこん)は国の天然記念物。付近の海域には造礁サンゴの群落も形成されており,竜串とともに足摺宇和海国立公園の一拠点をなす。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔高知県〕見残し(みのこし)


高知県土佐清水(とさしみず)市の景勝海岸。千尋岬(ちひろざき)南西端に位置する。波食・風食された蜂の巣状の岩石景観が広がる。同岬基部に竜串(たつくし)の景勝地がある。グラスボートでの探勝のほか、展望台からの眺望もよい。竜串を含め足摺宇和海(あしずりうわかい)国立公園・竜串海中公園に指定されている。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

見残しの関連キーワード高知県土佐清水市竜串高知県土佐清水市見残し海岸太田資高渭南残夢迷信波食

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android