コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

足摺宇和海国立公園 あしずりうわかいこくりつこうえん

6件 の用語解説(足摺宇和海国立公園の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

足摺宇和海国立公園
あしずりうわかいこくりつこうえん

高知県から愛媛県にいたる海岸を中心とした国立公園。面積 113.45km2。1972年指定。花崗岩の豪壮な断崖景観のほか,巨大な海食洞波食台などと,海岸段丘上のビロウアコウツバキなどの亜熱帯植物,およびサンゴの美しい海中公園などで知られる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あしずりうわかい‐こくりつこうえん〔‐コクリツコウヱン〕【足摺宇和海国立公園】

愛媛県の宇和海から高知県の足摺岬にわたる国立公園。滑床(なめとこ)渓谷・竜串(たつくし)海域公園や亜熱帯植物の群落、海鳥の群生がみられる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

足摺宇和海国立公園【あしずりうわかいこくりつこうえん】

四国南西部の海岸を中心とする国立公園。面積111.66km2。足摺国定公園(1955年指定,1964年宇和海岸追加指定)が1972年昇格。竜串(たつくし),宇和海,樫西,沖ノ島の4海中公園を含む。
→関連項目愛媛[県]大月[町]高知[県]城辺[町]津島[町]土佐清水[市]西海[町]豊後水道御荘[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

あしずりうわかいこくりつこうえん【足摺宇和海国立公園】

高知県の足摺岬を中心に、愛媛県宇和海南方一帯の海岸と島々からなる国立公園。海食崖や造礁サンゴが発達する。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔高知県(愛媛県)〕足摺宇和海国立公園(あしずりうわかいこくりつこうえん)


四国南西部の国立公園。高知県の足摺半島・渭南(いなん)海岸・沖ノ(おきの)島一帯、愛媛県側の宇和海沿岸と内陸の滑床(なめとこ)渓谷からなる。陸域面積1万1345ha、海中公園22ヵ所計179.1ha。1955年(昭和30)指定の足摺国定公園を核に1972年に昇格指定。南部は隆起海岸で海食崖(かいしょくがい)が連続、北部は沈降海岸で入り江と島々の景観に優れる。ビロウなどの亜熱帯植物や海域に造礁サンゴがみられるのも特徴。足摺岬・大堂(おおどう)海岸・竜串(たつくし)・見残(みのこし)・滑床渓谷など景勝地に恵まれる

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

足摺宇和海国立公園
あしずりうわかいこくりつこうえん

四国南西端の海岸部を主とした国立公園。足摺国定公園(1955年指定)を核に1972年(昭和47)に国立公園に指定された。陸域面積113.45平方キロメートル。高知県の土佐清水(とさしみず)市、宿毛(すくも)市、大月町から愛媛県の愛南(あいなん)町を経て宇和島市へ至る地域。ビロウ、アコウ、ウバメガシ、ツバキなどの植生に覆われた海食崖(がい)や海岸段丘(足摺岬、大堂(おおどう)海岸など)、自然の造化の粋をみせる竜串(たつくし)・見残(みのこし)の隆起海食台の奇岩などを主にした南国的で雄大な太平洋側の景観に対し、宇和海側ではリアス式海岸の由良(ゆら)半島、西海半島や、野生ジカの住む鹿島(かしま)、古い歴史をもつ日振(ひぶり)島など、島や入り江が多く変化に富み、真珠やハマチ養殖用筏(いかだ)が波静かな海面に浮かぶといった地域的変化の妙がみられる。自然景観のみならず、日振島の藤原純友(すみとも)の根拠地、土佐清水市中浜のジョン・万次郎(中浜万次郎)生地、愛南町外泊(そとどまり)地区の石垣集落などの文化景観もみられる。竜串、樫西(かしにし)、沖の島、宇和海、勤崎(つとめざき)、尻貝(しりがい)の6海域公園の指定区(1.79平方キロメートル)もあり、また磯(いそ)釣りのメッカでもある。
 JR予讃(よさん)線の宇和島駅、土佐くろしお鉄道の宿毛駅、中村駅が観光基地で各地へバスが通じる。宇和島、宿毛港などから九州各地へフェリー便があり、大阪南港―あしずり港(土佐清水市越)間もフェリー航路が通じた。[大脇保彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

足摺宇和海国立公園の関連キーワード足摺半島足摺岬大堂海岸国立公園クルアニ国立公園コルナティ国立公園パシフィックリム国立公園足摺海洋館高知県土佐清水市足摺岬高知県土佐清水市

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

足摺宇和海国立公園の関連情報