奇勝(読み)きしょう

精選版 日本国語大辞典の解説

き‐しょう【奇勝】

〘名〙
① 思いがけない勝利。また、他の思いつかないような計略で勝つこと。
※東京新繁昌記(1874‐76)〈服部誠一〉三「百虫を捕ひ来て乃ち其卵を取り、之を蚕卵に雑ひて若干紙を製し、之を横浜に輸して将に以て奇勝を収めんとす」
② 珍しく、またすぐれた景色。景勝。
※東江先生南遊詩(1796頃)西行谷賞花「見雲又誤雪 奇勝動吟魂
※北欧の夏(1946)〈正宗白鳥〉「有名なフィヨルドの奇勝を見たいと思ひながら」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

き‐しょう【奇勝】

思いがけない勝利。また、思いもつかないような計略で勝つこと。奇捷(きしょう)。
珍しい景色。すばらしい景色。景勝。「天下の奇勝

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android