見知る(読み)ミシル

デジタル大辞泉の解説

み‐し・る【見知る】

[動ラ五(四)]
すでに見て知っている。見覚えがある。また、面識がある。「よく―・った人」
見てその価値がわかる。
「うち忍び用意し給へる御けはひいみじうなまめきて、―・らむ人にこそ見せめ」〈末摘花
経験する。
「―・り給はぬ世の憂さに」〈賢木

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みしる【見知る】

( 動五[四] )
前に会って知っている。面識がある。 「侯爵夫人は君の面を-・りたりと言ひぬ/浴泉記 喜美子」 → 見知らぬ
見て知る。よく知っている。 「京には見えぬ鳥なれば、皆人-・らず/伊勢 9

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android