見聞諸家紋(読み)けんもんしょかもん

世界大百科事典 第2版の解説

けんもんしょかもん【見聞諸家紋】

日本最古の家紋集。《東山殿御紋帳》ともいう。編者不詳。応仁・文明の乱の東軍武家を主とし,1470年(文明2)8月死去の京極持清を含む,当時の将軍家,守護大名,評定衆,奉行人,国人等240余家の家紋(図形)約260個を集録する。江戸時代に故実書として多く伝写され,奥書により大別して永正7年(1510)本と天文8年(1539)本の2系統がある。現存最古の岩瀬文庫所蔵本は奥書に〈天文八年卯月十九日 佐々木秀勝(花押)〉とあり,自筆書写と見られるほか,旧彰考館本(東大史料編纂所蔵騰写本)は奥書に〈永正七年庚午三月十七日於立雪斎下書之〉とあって,ともに古体を残している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android