コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

見道(読み)ケンドウ

デジタル大辞泉の解説

けん‐どう〔‐ダウ〕【見道】

仏道修行を三段階に分けた最初の段階。初めて聖者の仲間に入り、根本真理である四諦(したい)を明らかに理解する位。見諦道。見諦。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けんどう【見道】

〘仏〙 真理を知るための、煩悩ぼんのうに汚されることのない智慧ちえを起こして、仏教の基本的真理である四諦したいを、知性的な理解ではなく、直観的に明瞭に見る位。この位に入ると、凡夫から聖者に変わる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の見道の言及

【仏教】より

…修行者は修行の段階に応じて,凡夫(ぼんぶ)と聖人(しようにん)に分けられる。聖人は準備的修行(加行(けぎよう))を終えて四諦の理を観じて見道に達したもの以上で,その後究極的完成まで修行を続けることが要請される。この段階を修道(しゆどう)という。…

※「見道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

見道の関連情報