コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

覚仁入道親王 かくにんにゅうどうしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

覚仁入道親王 かくにんにゅうどうしんのう

1732-1754 江戸時代中期,職仁(よりひと)親王の王子。
享保(きょうほう)17年7月15日生まれ。延享4年(1747)桜町上皇の養子とされ,同年親王となる。翌年仁和(にんな)寺にはいり,門跡(もんぜき)をついだ。一身阿闍梨(あじゃり)。宝暦4年9月21日死去。23歳。幼称は菅宮(すげのみや)。名は敬典(ゆきのり)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

覚仁入道親王の関連キーワード享保

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android