コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

覚仁入道親王 かくにんにゅうどうしんのう

1件 の用語解説(覚仁入道親王の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

覚仁入道親王 かくにんにゅうどうしんのう

1732-1754 江戸時代中期,職仁(よりひと)親王の王子。
享保(きょうほう)17年7月15日生まれ。延享4年(1747)桜町上皇の養子とされ,同年親王となる。翌年仁和(にんな)寺にはいり,門跡(もんぜき)をついだ。一身阿闍梨(あじゃり)。宝暦4年9月21日死去。23歳。幼称は菅宮(すげのみや)。名は敬典(ゆきのり)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

覚仁入道親王の関連キーワード荒木呉橋大口灌畦角々国包(8代)田中帰春谷口千秋長谷川好春松田拙斎職仁親王職仁親王妃淳子

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone