覚他(読み)かくた

精選版 日本国語大辞典「覚他」の解説

かく‐た【覚他】

〘名〙 仏語。自ら悟った真実の法を説いて他を悟らせ、生死の迷いから解放させること。⇔自覚
※性霊集‐七(835頃)菅平章事奉為四恩造功徳願文「況乎、真如々智、慈悲為本、自覚々他、度生用」
※正法眼蔵(1231‐53)弁道話「自覚覚佗の境界、もとより証相をそなへてかけたることなく」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

マイナポイント

マイナンバーカードを活用した国の消費活性化策で付与される全国共通の買い物用ポイント。2020年東京五輪・パラリンピック後の景気の落ち込み防止、マイナンバーカードの普及拡大、キャッシュレス決済の促進を目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android